ほとんど塊となった精液弾で、千夏の掌をしたたかに叩いた

ぐじゅ、ぐじょ、じゅちゅっ、じゅちょ、ぐちゅっ、ずるん、ずちゅん──。
俊輔を射精に導く悦びに、千夏の頬はバラ色に妖しく光り輝いている。その美貌をうっとりと見つめながら、俊輔は筋肉質な全身を精いっぱい硬直させた。崩壊の瞬間、歓喜の放出が訪れたのだ。
「うがあっ、出るっ!射精るぅっ!!」
獣の咆哮をあげ、緊張させた筋肉を今度は急激に緩めた。尿道を濃厚な白濁が遡る最上級の快感。ぶわっと肉傘を膨れさせ、鈴口から爆発的な勢いで精液を吐き出した。
「ああんっ!」
びゅっびゅっびゅるるっ──。
ほとんど塊となった精液弾で、千夏の掌をしたたかに叩いた。日々、有り余るほど製造している子種は、ドロドロと濃厚で、驚くほど量が多く、そして恐ろしく熱いはずだ。

出典:~誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)

著者: 北條拓人

誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)
旅先で遭難しかけた青年が流れ着いた女性ばかり住む村里。「お客様を丁重におもてなしするのがしきたりですから」そこで出会った3人の美女たちによる献身的な介護と、キスや抱擁に混浴プレイなどエロチックな誘惑の数々。日常から少し離れたおとぎ話のような桃源郷を舞台に天女との甘いアバンチュールが幕を上げる──。

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!