掌の中で、張りつめた乳房がぷるぷるぷるっと踊る

恐る恐る手を伸ばし、大きな掌で双の膨らみを覆う。
「そんなに緊張しないでください。わたくしにまでドキドキが移ってしまいます。ほら、伝わっているでしょう?」
速い鼓動を右手に感じながら俊輔はぶんぶんと頷いた。
「本当だ。でも、こんなに大きなおっぱいでも鼓動が伝わるから不思議ですね」
千夏も相当に緊張しているのだろう、女体を小刻みに震わせてもいるのだ。掌の中で、張りつめた乳房がぷるぷるぷるっと踊る。手指の神経を、滑らかなプリンを思わせるようなつるすべふわりの感触がたまならく刺激してくれた。