まあ俊輔さんの乳首、堅くなってきました。可愛いから責めちゃいますぅ

「すごぉい、俊輔さんって逞しいのですね」
堅締まりした筋肉に小さな乳輪までがすぼまり、その中心で乳首を勃起させた。
「まあ俊輔さんの乳首、堅くなってきました。可愛いから責めちゃいますぅ」
まるで男がおんなの乳房を求めるように、ぐいっと浴衣が割り開かれ、何度も乳首の周辺をなぞられる。お腹のあたりで手指が戯れては、また乳首へと舞い戻ってくる。
「あうっ……うぐっ!」
くすぐったいような快感に、思わず体を捩らせた。