右手で灼熱の肉茎を擦りながら、左手で限界まで膨らみきった肉傘を覆い、噴き零される白濁を受け止めようと身構えるのだ

右手で灼熱の肉茎を擦りながら、左手で限界まで膨らみきった肉傘を覆い、噴き零される白濁を受け止めようと身構えるのだ。
「構いませんわ、出してくださいっ!俊輔さんの精液を受け止めたいのです」
いよいよ激しくなった手淫に、怒涛の如く込み上げる射精衝動。俊輔は急速に頭の中が真っ白になっていくのを感じた。