腰部に跨った千夏を、どんどんと跳ね上げながら、焼きたての食パンのようなほっこりお尻や盛り上がった肉土手を突きまわす

いよいよ昂りきった牡性器で、牝の縦割れをひたすら擦りあげる。ストッキングやショーツごとヴァギナに挿入する勢いで、グリグリゴシゴシとこそぎつけた。
「ひうっ……ああ、ダメですぅ……こ、こすれるぅ……あ、ああん……そんなにされたら……気持ちいいの我慢できません……あ、あぁ、俊輔さぁんっ」
腰部に跨った千夏を、どんどんと跳ね上げながら、焼きたての食パンのようなほっこりお尻や盛り上がった肉土手を突きまわす。

出典:~誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)

著者: 北條拓人

誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)
旅先で遭難しかけた青年が流れ着いた女性ばかり住む村里。「お客様を丁重におもてなしするのがしきたりですから」そこで出会った3人の美女たちによる献身的な介護と、キスや抱擁に混浴プレイなどエロチックな誘惑の数々。日常から少し離れたおとぎ話のような桃源郷を舞台に天女との甘いアバンチュールが幕を上げる──。

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!