添えられた右手で茎胴を丹念に摩擦し、左手には睾丸を優しく揉みほぐされた

「いいのよ。すっきりしていいの。そのためにこうして口でしてあげているのだから。私が飲んであげるわ……」
ゾクゾクするほど色っぽい上目遣いで、放出を了承する深佳。またすぐに、勃起に舞い戻った朱唇は、口腔粘膜全体でぬるぬると締めつけてくる。添えられた右手で茎胴を丹念に摩擦し、左手には睾丸を優しく揉みほぐされた。
「うううっ!も、もう射精ちゃいます!!」
熱い衝動が背筋を駆けのぼる。頭の中に閃光が走り、牡のシンボルが溶解していくのを感じた。腹筋にグイッと力を入れてトリガーを引き絞る。ぐぐぐっと肛門を閉じ、太ももやふくらはぎも痙攣せんばかりに緊張させた。