その証拠に、俊輔の熱い視線を感じたお尻が、愛らしく左右に振られた

未だ恥じらいの色を浮べたまま、それでもウキウキしたとの形容が似合いそうな歩調で、千夏がベッドに近づいてきた。お尻を高く掲げたまま細腰を折り、しびんを元の場所にしまい込む。タイトなワンピースの裾が、危うい位置に来るのも彼女は織り込み済みなのだ。その証拠に、俊輔の熱い視線を感じたお尻が、愛らしく左右に振られた。
悩ましいヒップラインは、おんなとしての成長をすでに充分以上に済ませた証。丸みを帯びたフォルムがぶりんと左右に張り出し、いかにもやわらかそうだ。