ぼろりと零れ出た陰茎に、薄い舌をチロリと伸ばした朱唇が、何ら躊躇うことなく寄せられた

すらりとした女体が、腕をくぐり抜け、しなやかに前方に折れ曲がる。俊輔の下半身にしなだれかかり、浴衣の裾をくつろげてパンツをずり下げはじめるのだ。
「えっ?千夏さん?」
これには俊輔も驚いた。先ほどの深佳との一件を気づかれたかとひやひやしているところに突然の告白を受け、しかも深佳への嫉妬も露わに甘い奉仕を仕掛けられたのだから。
ぼろりと零れ出た陰茎に、薄い舌をチロリと伸ばした朱唇が、何ら躊躇うことなく寄せられた。