まるで羽毛でくすぐられているような繊細さに、ぶるぶるっと震えが来た

千夏の右手は、焦らすようにお臍のあたりで戯れつつ、左手は首筋を優しく撫でてくる。まるで羽毛でくすぐられているような繊細さに、ぶるぶるっと震えが来た。
「うう……千夏さんっ、背筋がゾクゾクしますっ」
女の子のような反応で恥ずかしいが、正直に気持ち良いと示すほど、千夏の愛撫が大胆さを増していくため、口を噤もうとはしなかった。

出典:~誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)

著者: 北條拓人

誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)
旅先で遭難しかけた青年が流れ着いた女性ばかり住む村里。「お客様を丁重におもてなしするのがしきたりですから」そこで出会った3人の美女たちによる献身的な介護と、キスや抱擁に混浴プレイなどエロチックな誘惑の数々。日常から少し離れたおとぎ話のような桃源郷を舞台に天女との甘いアバンチュールが幕を上げる──。

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!