マッシブな女体が真正面に対峙して、胸板にぶにゅんと乳房が押し付けられた

ふいに深佳の美貌が、俊輔の顔の至近距離にまで近づいた。マッシブな女体が真正面に対峙して、胸板にぶにゅんと乳房が押し付けられた。
花びらのようなどぎまぎするほど美しい唇が、俊輔の同じ器官にゆっくりと重ねられる。思わずビクンと身体を震わせると、ぽってりとした唇の感触を味わわせようとするかのように、やわらかく押し付けてくる。