舌先に裏筋を舐められ、陰嚢を頬張られ、肉竿を手指にしごかれる

「俊輔さん、よっぽど気持ちいいのですね。お腹の筋肉がヒクヒクしてますぅ」
ヒクついているのは、お腹ばかりではない。どこよりも、肉塊が小刻みに痙攣している。快感のあまり菊座をぎゅっと絞るため、勃起肉がぷるるるっと跳ねるのだ。
そんな俊輔の反応を的確に判断しながら睾丸愛撫が続けられる。舌先に裏筋を舐められ、陰嚢を頬張られ、肉竿を手指にしごかれる。二重三重の快感が、俊輔の下腹部で混じり合い、ついつい悲鳴をあげていた。

出典:~誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)

著者: 北條拓人

誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)
旅先で遭難しかけた青年が流れ着いた女性ばかり住む村里。
「お客様を丁重におもてなしするのがしきたりですから」
そこで出会った3人の美女たちによる献身的な介護と、キスや抱擁に混浴プレイなどエロチックな誘惑の数々。
日常から少し離れたおとぎ話のような桃源郷を舞台に
天女との甘いアバンチュールが幕を上げる──。

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!