あん……今度はお尻なのですか?ああん、そんなに食い込ませないでくださいぃ

「あん……今度はお尻なのですか?ああん、そんなに食い込ませないでくださいぃ」
大きく手を回し、ほこほこのショーツの上から双の臀朶を鷲掴みした。
目には見えない天使の手で、左右からぎゅんと持ち上げられているような臀朶も、張りのあるぴちぴちお肌のなせる業なのだろうか。けれど、いくらむぎゅっと指をめり込ませても、まだ埋まり込んでいくような奥深いやわらかさを兼ね備えている。
「うわああ、すごい反発……ぼいんと指が弾かれます!」
鷲掴んでは、弾けさせ、心地よく手指性感を刺激してくれる臀朶の感触を心ゆくまで堪能する。

出典:~誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)

著者: 北條拓人

誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)
旅先で遭難しかけた青年が流れ着いた女性ばかり住む村里。「お客様を丁重におもてなしするのがしきたりですから」そこで出会った3人の美女たちによる献身的な介護と、キスや抱擁に混浴プレイなどエロチックな誘惑の数々。日常から少し離れたおとぎ話のような桃源郷を舞台に天女との甘いアバンチュールが幕を上げる──。

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!