あん……今度はお尻なのですか?ああん、そんなに食い込ませないでくださいぃ

「あん……今度はお尻なのですか?ああん、そんなに食い込ませないでくださいぃ」
大きく手を回し、ほこほこのショーツの上から双の臀朶を鷲掴みした。
目には見えない天使の手で、左右からぎゅんと持ち上げられているような臀朶も、張りのあるぴちぴちお肌のなせる業なのだろうか。けれど、いくらむぎゅっと指をめり込ませても、まだ埋まり込んでいくような奥深いやわらかさを兼ね備えている。
「うわああ、すごい反発……ぼいんと指が弾かれます!」
鷲掴んでは、弾けさせ、心地よく手指性感を刺激してくれる臀朶の感触を心ゆくまで堪能する。