ふるるんと掌で揺れる尻肉をくしゃくしゃに揉みしだき、左右に割って菊座を広げさせると、好き勝手に美臀を変形させた

「あん…ああん……お尻が熱くなってきちゃいますぅ……ひうっ…はああん」
ふるるんと掌で揺れる尻肉をくしゃくしゃに揉みしだき、左右に割って菊座を広げさせると、好き勝手に美臀を変形させた。
「すごいです。千夏さんのお尻、汗ばんできたのか、ショーツが湿ってきました」
あまり強くし過ぎたかと反省した俊輔は、またしても痴漢のような手つきで、お尻を丸く撫であげた。さらには、眩しそうに目を細め、麗しの脚線美を、今度は両手で上から下にさすっていく。膝の裏側、内もものやわらかい部分という順に、千夏の反応を確かめながら性感を探る。