気遣う言葉をかけながらも俊輔はグイと前のめりになって、逆Vの字に開脚した股ぐらに鼻先を押し付けた

「もうずいぶん辛そうですね大丈夫です?もっとエッチなことしちゃいますよ」
気遣う言葉をかけながらも俊輔はグイと前のめりになって、逆Vの字に開脚した股ぐらに鼻先を押し付けた。
「ひぁああああっ、そ、そんなことっ!」
挑発的な深紅のショーツが覆う千夏の恥丘に、ぴたりと鼻をくっつけ、肺いっぱいにあたりの空気を吸い込む。