柔らかな肉花びらを唇に挟み、やさしく引っ張る

「あ、ああぁ、あん……ひううっ。か、感じちゃう……あぁ、だめっ。おかしくなりそうですぅっ」
柔らかな肉花びらを唇に挟み、やさしく引っ張る。限界まで伸びきった肉びらが、唇から離れ落ち、ぷるるんと元の位置でわなないた。
戻る瞬間に、峻烈な電流が走るらしい。媚肉全体がヒクついている。紫色した菊座までが、ぎゅぎゅぅっと絞られて女体の緊張がそれと知れた。肉の合せ目にある敏感な器官がムクムクとそそり勃ち、「ここも触って」と自己主張をはじめた。