薄い割にぷるるんとした朱唇に、同じ器官を重ねた途端、ばちんと電流が走り脳内で爆ぜた

間近に来た千夏の唇を求め、顔を寄せる。薄い割にぷるるんとした朱唇に、同じ器官を重ねた途端、ばちんと電流が走り脳内で爆ぜた。同様の現象が千夏にも起きたらしく、やわらかい両腕を首筋に回してきた。迎えに来たやわらかい花びらが、俊輔の口をやさしく覆った。
「ぬふっ、んくっ、し、俊輔さ……んっ、んんっ」
あえかに開いた口腔に舌を挿し入れ、思う存分舐め啜る。歯茎や頬の裏をくすぐり、上顎の裏をほじる。淫靡な粘着質の音を千夏の頭蓋に響かせ、まるで脳味噌を舐め尽くすようにして口腔を貪った。