ついには捩れたショーツを花びらまで巻き添えにする勢いで、淫裂に食い込ませた

ついには捩れたショーツを花びらまで巻き添えにする勢いで、淫裂に食い込ませた。薄布ごと鼻梁を挿入するつもりで押し付けると、垂れていた千夏の首筋が天に向かって持ち上げられた。
「ひふ……あん、あうううっ……ひはあぁ!!」
がくんと小さな頭がまたしても前に落ち、弱々しく振られている。それにも構わず、鼻のスロープをグイグイと敏感な部分に擦りつけた。
悩ましくも愛らしい嬌声が、次から次に零れ落ちる。それに比例するかのように滴る透明な愛液が、ショーツから滲み出て、俊輔の鼻先をねっとりと濡らすのだった。