ついには捩れたショーツを花びらまで巻き添えにする勢いで、淫裂に食い込ませた

ついには捩れたショーツを花びらまで巻き添えにする勢いで、淫裂に食い込ませた。薄布ごと鼻梁を挿入するつもりで押し付けると、垂れていた千夏の首筋が天に向かって持ち上げられた。
「ひふ……あん、あうううっ……ひはあぁ!!」
がくんと小さな頭がまたしても前に落ち、弱々しく振られている。それにも構わず、鼻のスロープをグイグイと敏感な部分に擦りつけた。
悩ましくも愛らしい嬌声が、次から次に零れ落ちる。それに比例するかのように滴る透明な愛液が、ショーツから滲み出て、俊輔の鼻先をねっとりと濡らすのだった。

出典:~誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)

著者: 北條拓人

誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)
旅先で遭難しかけた青年が流れ着いた女性ばかり住む村里。「お客様を丁重におもてなしするのがしきたりですから」そこで出会った3人の美女たちによる献身的な介護と、キスや抱擁に混浴プレイなどエロチックな誘惑の数々。日常から少し離れたおとぎ話のような桃源郷を舞台に天女との甘いアバンチュールが幕を上げる──。

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!