尖らせた唇を、媚肉にべったりとむしゃぶりつけたまま、小刻みに顔を揺する

「はぁん、ああぁうっ、ほおおぉおっおっ……おあうぅっ、ああ、そこですぅっ」
尖らせた唇を、媚肉にべったりとむしゃぶりつけたまま、小刻みに顔を揺する。蜜液に覆われた花びらまで口腔に含み、いやらしい音を立てて吸いつけた。
ぶちゅっぶじゅるじゅ、じゅるぴゅちゅちゅっ、ぴちっくちゅくちゅちゅっ──。
ひたすら粘膜を舐めしゃぶり、あたり一帯を唾と淫蜜でべとべとにしていく。