白衣に押し込められていた膨らみは、きつい軛から放たれた刹那、ぶるんと空気を震わせるようにして飛び出した

身悶えるナース服の前ボタンをもどかしい思いで一つずつ外し、襟前をグイッと割り開いて素肌を露出させた。
白衣に押し込められていた膨らみは、きつい軛から放たれた刹那、ぶるんと空気を震わせるようにして飛び出した。その美しさに息を呑みながらも俊輔はショーツとおそろいの、目にも鮮やかな深紅のブラジャーを半ば強引にずり上げ、乳房をはだけさせた。
支えなどまるで必要としないロケットおっぱいは、一刻だけその重さで下方にぐいんと垂れたが、またすぐに乳肌が張りつめたところで、ふるんとせり上がった。張り艶ともに申し分のない肉房を恭しく下乳からすくい取ると、そのすべすべつるつるの感触を愉しみつつ、きゅっきゅっと揉みあげる。

出典:~誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)

著者: 北條拓人

誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)
旅先で遭難しかけた青年が流れ着いた女性ばかり住む村里。「お客様を丁重におもてなしするのがしきたりですから」そこで出会った3人の美女たちによる献身的な介護と、キスや抱擁に混浴プレイなどエロチックな誘惑の数々。日常から少し離れたおとぎ話のような桃源郷を舞台に天女との甘いアバンチュールが幕を上げる──。

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!