蜂腰を持ち上げては勃起肉を、ゆっくりと双尻に沈みこませる

繊細な茶髪が千々に乱れ、扇情的な眺めに情緒的彩りも添えている。太ももの上を滑る艶尻の肌触りも心地よい。まるで上等な絹で、擦られているかのようだった。
「あんっ…ああっ、ああんっ」
唇をめくりあげ、甲高い声をあられもなく張り上げる千夏。蜂腰を持ち上げては勃起肉を、ゆっくりと双尻に沈みこませる。ムチムチの太ももと若鮎の腹のようなふくらはぎが官能的に緊張するたび、膣肉までがむぎゅぎゅぎゅぎゅっと締めつけてくる。
じゅぶんじゅぶん、ぐちゅるる、ずこ、ずりゅ、ぶちゅん、じゅりゅりゅっ──。
次々にふしだら極まりない水音を立てるのは、自身の淫らな腰つきであるという自覚があるのだろう。うわごとのように「だめっ、だめっ」と躊躇いの言葉を繰り返している。それでいて、振り幅の範囲も速度も、どんどん大きなものになっていた。