千夏が小さく呻いて、ゆっくりと腰を前後に揺すりはじめる

「あんっ!」
千夏が小さく呻いて、ゆっくりと腰を前後に揺すりはじめる。湧き起こる抗しがたい官能に、自らの乳房をまさぐっている。
俊輔の性感も、一気に沸き立った。肉竿を柔襞がギュギュッと喰い締めてくる。しかも、牝本能が種付けを求めるのか、子宮口がぐっと降りてきて、しきりに鈴口を擦るのだ。まさしく極上のおんなぶりで、俊輔を追いこんでくるのだった。