玉袋に蓄えられた全ての白濁を吐き出すつもりだ

「ああっ、あおぅぅ……あはあぁあああぁ……おん、おおおぉんんっ!!」
肉塊だけを胎内で暴れさせ、びゅびゅっ、びゅびゅびゅっとなおも射精する。玉袋に蓄えられた全ての白濁を吐き出すつもりだ。
「あはああぁ、あ、あああああっ……。い、いっぱいです……千夏のお腹の中……俊輔さんの精子で……いっぱいいっっ」