やがて深紅のショーツに、縦長の濡れジミが滲みはじめる

鼻先を小刻みに振動させて、執拗に擦りつける。布地越しに、縦割れを感じ取り、そこに食い込ませんばかりの勢いで繰り返しなぞった。やがて深紅のショーツに、縦長の濡れジミが滲みはじめる。その部分を鼻で掘り返すと、ぐちゅちゅちゅっと淫らな水音が立つのだ。