思いきり舌を伸ばし、唇から迎えるようにして、ねっとりとヴァギナを覆い尽くす

昂奮に居たたまれなくなった俊輔は、ムチムチの太ももを両腕に抱え込み、股間に口腔を張り付かせた。
「ひゃんっ、あうぅっ!」
思いきり舌を伸ばし、唇から迎えるようにして、ねっとりとヴァギナを覆い尽くす。