足を投げ出してベッドに腰掛ける俊輔を、すらりとした長い脚が跨ぐと、自然股間のあたりが顔の真ん前に来る

「かしこまりました」
目元を薄紅に染め、頷いて見せる千夏。足を投げ出してベッドに腰掛ける俊輔を、すらりとした長い脚が跨ぐと、自然股間のあたりが顔の真ん前に来る。