しとどに濡れそぼる淫裂に、ぐりぐりと顔を押し付け、伸ばした舌で淫蜜を採集する

「あぁんんっ……。俊輔さぁんっ……」
しとどに濡れそぼる淫裂に、ぐりぐりと顔を押し付け、伸ばした舌で淫蜜を採集する。反射的に千夏の腰が泳ぎ、唇から逃れようとする動きを見せた。けれど、太ももを抱え込んでいるため、張り付かせた唇が振り払われることはなかった。