青筋を立てた牡茎は、次々と鈴口から我慢汁を拭き零し、聖なる巫女の手指をべとべとに穢した

青筋を立てた牡茎は、次々と鈴口から我慢汁を拭き零し、聖なる巫女の手指をべとべとに穢した。それがひどくいけないことのようで、背徳感をいたく刺激してくれる。
寧々の手淫の心地よさは、もはやこの世のものとは思えないほどのものだった。恋い焦がれた天女から奉仕を受けているのだとの思いが、童貞の少年のように気持ちを昂らせ、性感をより敏感にさせているのかもしれない。もちろん彼女の手つきには、技量、手管、経験の全てが欠けている。にもかかわらず、この気持ちよさはどうだろう。恐ろしいほどの興奮と、やるせないような悦楽が、下半身を蕩かしていく。あっけなく放出してしまいそうなほどだった。

出典:~誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)

著者: 北條拓人

誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)
旅先で遭難しかけた青年が流れ着いた女性ばかり住む村里。「お客様を丁重におもてなしするのがしきたりですから」そこで出会った3人の美女たちによる献身的な介護と、キスや抱擁に混浴プレイなどエロチックな誘惑の数々。日常から少し離れたおとぎ話のような桃源郷を舞台に天女との甘いアバンチュールが幕を上げる──。

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!