たわわな乳房が、湯に濡れ光りながら水面に揺れているのだ

(ええっ!寧々さんのおっぱいぃ!!)
何気なく目線を下げて驚いた。たわわな乳房が、湯に濡れ光りながら水面に揺れているのだ。さすがに腕で、その頂点は隠されているものの、巨大な肉房はほとんど丸見えと言っていい。
どんな場合であっても、タオルをお湯に漬けるようなマナー違反をできないのが、寧々の気性らしい。処女らしい乙女の恥じらいをはんなりと匂わせながらも、突拍子もなく大胆でいられるのは、ド近眼と混浴温泉の独特の雰囲気のお陰なのだろう。

出典:~誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)

著者: 北條拓人

誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)
旅先で遭難しかけた青年が流れ着いた女性ばかり住む村里。「お客様を丁重におもてなしするのがしきたりですから」そこで出会った3人の美女たちによる献身的な介護と、キスや抱擁に混浴プレイなどエロチックな誘惑の数々。日常から少し離れたおとぎ話のような桃源郷を舞台に天女との甘いアバンチュールが幕を上げる──。

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!