泡立てた生クリームのような肉房が、くすぐったいような心地よいような何とも言えない感覚を味わわせてくれる

「寧々がしているのですね。俊輔さんを気持ちよくしてあげているのですね。あん、感じて……もっと感じてください」
もはや発情しきった彼女に、禁忌を思う余地もないのだろう。バスチェアに腰掛けたままの俊輔の股間に、赤い顔をした寧々が女体をぐぐっと沈ませた。
瑞々しい乳肌が、俊輔の胸板やお腹の上をツツツーっと滑っていく。泡立てた生クリームのような肉房が、くすぐったいような心地よいような何とも言えない感覚を味わわせてくれる。それも生娘の寧々の行いだから意図したものではなく、健気さが天然にさせているのだ。初々しいまでの懸命さが、俊輔の彼女への愛しさを増幅させた。

出典:~誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)

著者: 北條拓人

誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)
旅先で遭難しかけた青年が流れ着いた女性ばかり住む村里。「お客様を丁重におもてなしするのがしきたりですから」そこで出会った3人の美女たちによる献身的な介護と、キスや抱擁に混浴プレイなどエロチックな誘惑の数々。日常から少し離れたおとぎ話のような桃源郷を舞台に天女との甘いアバンチュールが幕を上げる──。

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!