肉幹にしこりを帯びはじめた乳首を巻きこまれ、悦楽の淫波に打たれたらしい

「あっ、ああんっ!私もおっぱい感じちゃいます」
肉幹にしこりを帯びはじめた乳首を巻きこまれ、悦楽の淫波に打たれたらしい。初めて耳にした寧々の艶声に、たまらずに俊輔は、自らも腰使いを駆使して乳肌を犯しはじめた。
(天女さまのおっぱいに、おちんちんを擦りつけてる。天女さまのおっぱいを犯してるんだ!)
昂る気持ちに腰の律動も、激しさを増していく。けれど、それがまずかった。ただでさえ安定の悪いバスチェアの上で腰を振ったため、バランスを崩してしまい、ズルリとお尻を滑らせた。