うふふ。おっぱいにおちんちんを?じゃあ、やってみますぅ?

「うふふ。おっぱいにおちんちんを?じゃあ、やってみますぅ?」
言葉が終わらないうちに寧々の左手が、俊輔の胸をやさしく押し倒した。その場に仰向けになれと言うのだ。さらには、右手で自らの肉房を掴み取り、勃起先端に近づけてくるのだった。
「うおっ、そんな……寧々さん、う、嘘でしょう?そんな……」
勃起の至近距離にあった白くて大きな塊が、亀頭部分にたぷんと覆いかぶさる。
「うがっ」
「ふうんっ」
乳丘頂点で頭をもたげる陥没乳首が、俊輔の鈴口に突き刺さり、ほとんど同時に、二人は快感の呻きをあげた。
「んんっ。あぁ、ふぅ……私のおっぱいに、俊輔さんが突き刺さりますぅ」
快感に苛まれながらも、自分の乳房をますます勃起に押し付けてくる寧々。甘勃ち状態だった乳首が淫波に反応し、さらに堅さを増して、俊輔の小便孔をこじ開けんほどの勢いで、いっそう深く食い込んでくる。尿道内粘膜をこれほど刺激されるのは、さすがに俊輔も初めてだった。