さらなる快感を与えようとしたものか、寧々が乳首を勃起に食い込ませたまま、回転させるような動きを加えた

「辛そうなおちんちん、早く宥めてあげたい。だから、もっともっと気持ちよくなってください」
さらなる快感を与えようとしたものか、寧々が乳首を勃起に食い込ませたまま、回転させるような動きを加えた。擦りつけによる摩擦快感を呼び起こすつもりらしい。
「あん、はふぅ、俊輔さんのおちんちんで、私も気持ちよくなっちゃいますうぅっ」
いかに堅くしこらせるとは言え、しょせん乳首は皮膚粘膜に過ぎない。しかも、神経が無数に通う敏感な箇所だ。亀頭粘膜との擦り合いに、ひどく歪み、ねじれ、大きな快感に見舞われるようだ。

出典:~誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)

著者: 北條拓人

誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)
旅先で遭難しかけた青年が流れ着いた女性ばかり住む村里。
「お客様を丁重におもてなしするのがしきたりですから」
そこで出会った3人の美女たちによる献身的な介護と、キスや抱擁に混浴プレイなどエロチックな誘惑の数々。
日常から少し離れたおとぎ話のような桃源郷を舞台に
天女との甘いアバンチュールが幕を上げる──。

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!