誰よりも肌がきれいであるため、それが水滴に濡れると余計に艶めかしいのだ

風呂桶を手にして、こちらに戻ってくる寧々に恐縮しながらも、その視線で豊麗な肉体を舐めまわさずにいられない。
風呂桶とタオルがかろうじて、乳房と下腹部を覆い隠しているものの、肌の露出は先日の比ではなかった。誰よりも肌がきれいであるため、それが水滴に濡れると余計に艶めかしいのだ。