同時に、ブルンと震えながら乳房が露わになった

昂奮してきた俊輔は、彼女の手首を捕まえた。置かれていた胸元から引き剥がすと、その勢いでまたしてもタオル生地がはらりと落ちた。
「きゃあぁっ!!」
絹を裂くような悲鳴が朱唇から漏れた。同時に、ブルンと震えながら乳房が露わになった。