その肌の瑞々しさを味わわせようとでもするかのように、ふわふわの乳房をなすりつけてさえくるのだ

腕の力を緩めているのに、寧々は俊輔から離れていこうとしない。それどころか、その肌の瑞々しさを味わわせようとでもするかのように、ふわふわの乳房をなすりつけてさえくるのだ。