こうして見ると、寧々の唇は肉花びらのようで、あえかに開いて艶冶に微笑むと、口元のほくろとの相乗効果で、途方もなく官能的だった

アーモンド形の大きな瞳には、淫らな好奇心がありありと浮かんでいる。キラキラと妖しく煌めくのは、緩やかな発情に潤ませているからだ。昂奮に喉が渇くのか、しきりに朱唇を舌で湿している。こうして見ると、寧々の唇は肉花びらのようで、あえかに開いて艶冶に微笑むと、口元のほくろとの相乗効果で、途方もなく官能的だった。