泡汁のヌルつきを纏った小さな掌に、赤紫の傘から太い幹を経由して根元まで、ゆっくりとしごかれる

泡汁のヌルつきを纏った小さな掌に、赤紫の傘から太い幹を経由して根元まで、ゆっくりとしごかれる。誰に教わるでもなく、おんなの本能だけで、余った皮を亀頭に被せるようにして、ずるんずるんと上下させてくる。

出典:~誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)

著者: 北條拓人

誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)
旅先で遭難しかけた青年が流れ着いた女性ばかり住む村里。
「お客様を丁重におもてなしするのがしきたりですから」
そこで出会った3人の美女たちによる献身的な介護と、キスや抱擁に混浴プレイなどエロチックな誘惑の数々。
日常から少し離れたおとぎ話のような桃源郷を舞台に
天女との甘いアバンチュールが幕を上げる──。

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!