触れた瞬間に、すーっと溶けてなくなるのではと思われるほどの柔唇だ

重ね合わせた唇のふわっとした感触に、またしても全身にびりりと電流が走った。
(うわああっ……やっぱ唇あまっ!しっとりふんわりやわらかいしっ)
何度味わっても、飽きることのない朱唇。触れた瞬間に、すーっと溶けてなくなるのではと思われるほどの柔唇だ。
短いキスを繰り返した後、今度はぶちゅぅっと長い口づけ。途中何度も息継ぎをして、互いの存在を確かめあう。すぐにそれだけでは物足りなくなり、寧々の朱唇を割って、舌を侵入させた。