寧々、おっぱい、見せてよ

「寧々、おっぱい、見せてよ」
華奢な手首を捕まえると、さほど力を入れずとも、両腕は左右に分かれていった。
支えを失ったマッシブな質感は、再び下方に悩ましく揺れてから、張りつめた乳肌にふるんと逆方向に戻っていく。
スレンダーな印象を与える細身は、けれど相変わらず肉感的で、ムンと牝を匂い立たせている。お腹回りを急激にくびれさせているため、見事なまでに実らせた乳房との対比が、ド派手なメリハリとなるのだ。しかも、この形の良さはどうだろう。清純な印象に似合わず、挑発的なまでにツンと前に突き出し、ぴちぴちの張りに充ちている。唯一恥じらい深い彼女にふさわしいのは、その薄紅の先端部分が肉房に埋まり、姿を見せようとしないことだけだ。その乳首さえもが、ひとたび情感が高まれば、ムクムクとせり出して、「ここを触って」と自己主張できるだけの淫らさを隠し持っている。それでいて、限りなくパーフェクトに近い完熟ボディには、それとは正反対の乙女の青さが残されていて、奇跡の果実をなしているのだ。

出典:~誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)

著者: 北條拓人

誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)
旅先で遭難しかけた青年が流れ着いた女性ばかり住む村里。「お客様を丁重におもてなしするのがしきたりですから」そこで出会った3人の美女たちによる献身的な介護と、キスや抱擁に混浴プレイなどエロチックな誘惑の数々。日常から少し離れたおとぎ話のような桃源郷を舞台に天女との甘いアバンチュールが幕を上げる──。

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!