薄布越しに上付きの肉土手を確認すると、俊輔はそっとその谷間に指を滑らせた

もちろんショーツの薄布が残されているが、未経験の乙女にはそれで充分だ。
「ひゃん……ああ、いやです……そ、そんなところ……」
薄布越しに上付きの肉土手を確認すると、俊輔はそっとその谷間に指を滑らせた。一気に発情を促そうと狙ったのだ。それは自身の劣情が、昂っている表れでもあった。
じゅるずちゅぷっ!!
縦割れにショーツを食いこませ、滲み出た愛液を沁みさせる。
「っく……むうぅっ……」
小さな鼻腔が開き、喜悦混じりの艶めいた息が吐き出された。

出典:~誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)

著者: 北條拓人

誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)
旅先で遭難しかけた青年が流れ着いた女性ばかり住む村里。「お客様を丁重におもてなしするのがしきたりですから」そこで出会った3人の美女たちによる献身的な介護と、キスや抱擁に混浴プレイなどエロチックな誘惑の数々。日常から少し離れたおとぎ話のような桃源郷を舞台に天女との甘いアバンチュールが幕を上げる──。

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!