薄布越しに上付きの肉土手を確認すると、俊輔はそっとその谷間に指を滑らせた

もちろんショーツの薄布が残されているが、未経験の乙女にはそれで充分だ。
「ひゃん……ああ、いやです……そ、そんなところ……」
薄布越しに上付きの肉土手を確認すると、俊輔はそっとその谷間に指を滑らせた。一気に発情を促そうと狙ったのだ。それは自身の劣情が、昂っている表れでもあった。
じゅるずちゅぷっ!!
縦割れにショーツを食いこませ、滲み出た愛液を沁みさせる。
「っく……むうぅっ……」
小さな鼻腔が開き、喜悦混じりの艶めいた息が吐き出された。