ふわりとした唇は、まるでソフトクリームのようなやわらかさ。それでいてぷるんと瑞々しく反発してくる

もう一度、やさしくその名を囁き、朱唇を奪った。
ふわりとした唇は、まるでソフトクリームのようなやわらかさ。それでいてぷるんと瑞々しく反発してくる。
(ああ、天女さまと口づけしてる。なんてふわふわして甘い唇なんだ!)
思えば、寧々と唇を重ねるのは、これが初めてだった。