その窄めた唇を、きゅっと挟むようにして、二度三度押し付けてから、やわらかな線を描く細眉にその範囲を広げた

シルキーな声質が、真似をする。その窄めた唇を、きゅっと挟むようにして、二度三度押し付けてから、やわらかな線を描く細眉にその範囲を広げた。
「怖がらないでね。大丈夫だからね……」
息継ぎの合間にやさしく囁き、再び唇をあてがう。くっきりした二重瞼にチュッと触れ、その薄い皮膚をやわらかく摘む。
「うぷぷぷぷ……ああん、くすぐったいですぅ」