その窄めた唇を、きゅっと挟むようにして、二度三度押し付けてから、やわらかな線を描く細眉にその範囲を広げた

シルキーな声質が、真似をする。その窄めた唇を、きゅっと挟むようにして、二度三度押し付けてから、やわらかな線を描く細眉にその範囲を広げた。
「怖がらないでね。大丈夫だからね……」
息継ぎの合間にやさしく囁き、再び唇をあてがう。くっきりした二重瞼にチュッと触れ、その薄い皮膚をやわらかく摘む。
「うぷぷぷぷ……ああん、くすぐったいですぅ」

出典:~誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)

著者: 北條拓人

誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)
旅先で遭難しかけた青年が流れ着いた女性ばかり住む村里。「お客様を丁重におもてなしするのがしきたりですから」そこで出会った3人の美女たちによる献身的な介護と、キスや抱擁に混浴プレイなどエロチックな誘惑の数々。日常から少し離れたおとぎ話のような桃源郷を舞台に天女との甘いアバンチュールが幕を上げる──。

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!