舌先でれろれろとくすぐりながら、寧々の舌を口腔に押し戻すようにして、そのまま自分も挿し入れた

「むふんっ……はふっ……ちゅちゅっ、れろん……ふぬぅ……ほふぅ」
ねっとりふっくらやわらかい舌粘膜は、寧々の膣肉を連想させてくれる。妄想を逞しくさせた俊輔は、彼女の口腔を貪るように舐め啜った。
「舌を……僕に預けて……突きだすようにして……そう」
差し出された紅い粘膜を、唇で挟み込み、やさしくしごく。舌先でれろれろとくすぐりながら、寧々の舌を口腔に押し戻すようにして、そのまま自分も挿し入れた。
生温かい口の中で、舌と舌をみっしり絡めあう。
どれくらい唇を重ねあっていたのだろう。幾度舌を絡め合ったのか。情熱的なキスに、互いの心まで蕩けさせ、ひとつに混ざり合っていく。