照れ隠しか、寧々が自らの後頭部に手を運び、ポニーテールを束ねるリボンを外した

「大丈夫……ちょっと、びっくりしただけです」
照れ隠しか、寧々が自らの後頭部に手を運び、ポニーテールを束ねるリボンを外した。刹那に、漆黒の髪がしゅるりと褥に散ると、巫女らしい清楚な印象が霧散し、華やいだ色香が一気に立ち昇った。期せずして振り撒かれる官能美に、俊輔はあらたな激情を揺り動かされ、あらためて悩ましい女体に挑みかかった。

出典:~誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)

著者: 北條拓人

誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)
旅先で遭難しかけた青年が流れ着いた女性ばかり住む村里。「お客様を丁重におもてなしするのがしきたりですから」そこで出会った3人の美女たちによる献身的な介護と、キスや抱擁に混浴プレイなどエロチックな誘惑の数々。日常から少し離れたおとぎ話のような桃源郷を舞台に天女との甘いアバンチュールが幕を上げる──。

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!