ウエストで急激に絞られたラインが、まん丸な輪郭を描く臀肉へと官能的曲線美を形成している

昂奮に顔を赤らめながら俊輔は、そっと寧々の細腰に手を這わせた。滑らかな肌、絹のようなしっとりとした触り心地。すんなりとした美脚に、未だまとわりついたままの緋袴を抜き取った。
ウエストで急激に絞られたラインが、まん丸な輪郭を描く臀肉へと官能的曲線美を形成している。みっしりと中身が詰まった臀朶は、純白のショーツに包まれて横に大きく張り出していた。ムチムチの白い太ももが、急に年上の女性を意識させてくれる。

出典:~誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)

著者: 北條拓人

誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)
旅先で遭難しかけた青年が流れ着いた女性ばかり住む村里。「お客様を丁重におもてなしするのがしきたりですから」そこで出会った3人の美女たちによる献身的な介護と、キスや抱擁に混浴プレイなどエロチックな誘惑の数々。日常から少し離れたおとぎ話のような桃源郷を舞台に天女との甘いアバンチュールが幕を上げる──。

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!