口腔内を真空にして、肉房内に隠れていた乳首の付け根までを吸い出してやる

「ふあ、あ……んんっ、んんっ」
愛らしい鼻息が、絶え間なく漏れだすに従い、恥ずかしげに埋まり込んでいた乳頭が、「何が起きているの?」と覗くように、わずかに頭を持ち上げてきた。
すかさず俊輔は、その萌え乳首を小さめな乳暈ごと口腔に含み、舌先で突いたりレロレロと転がしたりと、さらなる乳勃を促してあやしはじめた。むちゅぅぅっ、じゅじゅちゅちゅちゅっ、ちゅぷん、れろれろれろ──。
口腔内を真空にして、肉房内に隠れていた乳首の付け根までを吸い出してやる。
「ひううっ、あ、ああっ……ダメですっ、そんな強く吸っちゃいやぁ、おっぱいが、ああ、おっぱいが……」
びくんびくんと背筋を震わし、身悶える寧々。おっぱい攻撃だけでも、イッてしまうのではないかと思うほど、敏感な反応を見せてくれる。処女と言うよりも、熟女に近いその痴態に、俊輔の昂奮も弥が上にも跳ね上がる。

出典:~誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)

著者: 北條拓人

誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)
旅先で遭難しかけた青年が流れ着いた女性ばかり住む村里。「お客様を丁重におもてなしするのがしきたりですから」そこで出会った3人の美女たちによる献身的な介護と、キスや抱擁に混浴プレイなどエロチックな誘惑の数々。日常から少し離れたおとぎ話のような桃源郷を舞台に天女との甘いアバンチュールが幕を上げる──。

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!