口腔内を真空にして、肉房内に隠れていた乳首の付け根までを吸い出してやる

「ふあ、あ……んんっ、んんっ」
愛らしい鼻息が、絶え間なく漏れだすに従い、恥ずかしげに埋まり込んでいた乳頭が、「何が起きているの?」と覗くように、わずかに頭を持ち上げてきた。
すかさず俊輔は、その萌え乳首を小さめな乳暈ごと口腔に含み、舌先で突いたりレロレロと転がしたりと、さらなる乳勃を促してあやしはじめた。むちゅぅぅっ、じゅじゅちゅちゅちゅっ、ちゅぷん、れろれろれろ──。
口腔内を真空にして、肉房内に隠れていた乳首の付け根までを吸い出してやる。
「ひううっ、あ、ああっ……ダメですっ、そんな強く吸っちゃいやぁ、おっぱいが、ああ、おっぱいが……」
びくんびくんと背筋を震わし、身悶える寧々。おっぱい攻撃だけでも、イッてしまうのではないかと思うほど、敏感な反応を見せてくれる。処女と言うよりも、熟女に近いその痴態に、俊輔の昂奮も弥が上にも跳ね上がる。