杏仁豆腐並みに滑らかな乳肌に舌を巻きながら、その大きな膨らみを思いきり頬張り、歯先や舌先、唇粘膜で目いっぱい堪能した

杏仁豆腐並みに滑らかな乳肌に舌を巻きながら、その大きな膨らみを思いきり頬張り、歯先や舌先、唇粘膜で目いっぱい堪能した。
(触ってる僕は今、天女さまのおま○こに触ってるんだあ……)
その思いだけで、射精してしまいそうな俊輔。その手指は、淫裂をぬるんつるんとなぞり、内奥からじゅくじゅくと染み出す滴りを肉花びらにねっとりと塗りつける。
「ひふぅ、あうんっ、っくぅっ……ああ、もう、かんにんしてくださいっ」