慎重に、かつ大胆に、俊輔は寧々の肉萌をあやしていく

(なんて初々しい反応だろう……。それにしても、クリちゃん小っちゃ!堅くさせている癖に、こんな可愛らしいなんて……)
慎重に、かつ大胆に、俊輔は寧々の肉萌をあやしていく。側面に円を描き、くすぐるようにして指の腹を擦りつけるのだ。
「いぁああ、ダメぇっ……俊輔さぁん……はぁああああっ」
もはや丁寧語に変換するのも難しくなった寧々は、あからさまな嬌声を漏らしはじめた。絞り出すような大きな喘ぎは、寧々の印象とは少し違うが、そのギャップがかえって悩ましい。
「あっ、く、あんっ、はぁあ。あ、あああぁああ、痺れる、痺れちゃうぅううっ!」

出典:~誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)

著者: 北條拓人

誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)
旅先で遭難しかけた青年が流れ着いた女性ばかり住む村里。「お客様を丁重におもてなしするのがしきたりですから」そこで出会った3人の美女たちによる献身的な介護と、キスや抱擁に混浴プレイなどエロチックな誘惑の数々。日常から少し離れたおとぎ話のような桃源郷を舞台に天女との甘いアバンチュールが幕を上げる──。

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!