敏感な肉芽を追いまわすと、半狂乱になって身悶える

寧々の妖しい反応に煽られ、破裂せんばかりに勃起した肉塊が、やるせない疼きを訴える。それでも俊輔は、女核責めを止めようとしない。明らかに寧々が、兆しはじめているからだ。
美貌を真っ赤に染めながらも、こらえきれずに腰を踊らせる寧々。敏感な肉芽を追いまわすと、半狂乱になって身悶える。吐息も荒く、焦点の合わぬまま見開かれた眼は虚空を見据え、悩ましい朱唇がわなないている。ムダな肉のついていない女体のあちこちでは、ひくひくと痙攣がおきていた。それでも、寧々は逃げようとしない。気持ちいいのだ。気持ちがよくて、未開発の女体であっても悦びを欲しているのだ。

出典:~誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)

著者: 北條拓人

誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)
旅先で遭難しかけた青年が流れ着いた女性ばかり住む村里。「お客様を丁重におもてなしするのがしきたりですから」そこで出会った3人の美女たちによる献身的な介護と、キスや抱擁に混浴プレイなどエロチックな誘惑の数々。日常から少し離れたおとぎ話のような桃源郷を舞台に天女との甘いアバンチュールが幕を上げる──。

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!