胎内でびくんびくん跳ね上げる勃起は、射精してなお、おんなの歓びを与える

ドドッと熱い濁液を、膣奥に叩きつけた。
じゅわじゅわわんと膣内いっぱいに広がって、襞の一枚一枚にまとわりつける。
「あうっ!俊輔さんが……お腹の中にしゃせい、してるう!」
なおも俊輔は尻を跳ね、濁液を吐く肉棒を膣奥で踊らせた。
「ううううっ、あふうう!ほおおおっ……あううううううぅううううっ~~!?」
胎内でびくんびくん跳ね上げる勃起は、射精してなお、おんなの歓びを与える。萎んでいく男性器を、ひくつく肉襞が、精いっぱいの愛情で包んでくれた。