胎内でびくんびくん跳ね上げる勃起は、射精してなお、おんなの歓びを与える

ドドッと熱い濁液を、膣奥に叩きつけた。
じゅわじゅわわんと膣内いっぱいに広がって、襞の一枚一枚にまとわりつける。
「あうっ!俊輔さんが……お腹の中にしゃせい、してるう!」
なおも俊輔は尻を跳ね、濁液を吐く肉棒を膣奥で踊らせた。
「ううううっ、あふうう!ほおおおっ……あううううううぅううううっ~~!?」
胎内でびくんびくん跳ね上げる勃起は、射精してなお、おんなの歓びを与える。萎んでいく男性器を、ひくつく肉襞が、精いっぱいの愛情で包んでくれた。

出典:~誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)

著者: 北條拓人

誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)
旅先で遭難しかけた青年が流れ着いた女性ばかり住む村里。「お客様を丁重におもてなしするのがしきたりですから」そこで出会った3人の美女たちによる献身的な介護と、キスや抱擁に混浴プレイなどエロチックな誘惑の数々。日常から少し離れたおとぎ話のような桃源郷を舞台に天女との甘いアバンチュールが幕を上げる──。

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!